FC2ブログ

flat

flat 1 (1) (BLADE COMICS)flat 1 (1) (BLADE COMICS)
(2008/09/10)
青桐 ナツ

商品詳細を見る
久々に惚れたわ~。
『flat』青桐ナツ(Mag GARDEN)

漫画です。表紙のイラストが好みで立ち読みしたけど、「買わねば!」と購入。
高二の平介と幼稚園児の従兄弟・秋の話。もう、秋がへーすけが好きで堪らないのですよ。スゲー可愛い。

昔思い出すな~。私も従兄弟とそれくらい違うから。私も昔は従姉妹の憧れだったらしいです。多分キャラ被るから近しいものを感じたのでしょう。叔母に「ビックリするよ、時々」と言われる(笑)モノグサのくせに無駄にマジメとか、可愛いサイズの靴が入らない等の身体的なものまで(笑)

ま、そんな彼女は軽く私何ぞ飛び越えて賢い子に成長したが。

……しかし東京から叔母にヘルプの電話は「アジの干物がどれかわからない!」等、少し難ありですが(笑)幸い父親と二人生活だから生きていけますが(笑)
スポンサーサイト

スペイン語の手紙の書き方

……なる本を図書館で借りて来た。

「そのまま使える表現例~ファンレター」なるページがあり、早速開いてみると…………

『お忍びでご来日の際には、是非あなたをエスコートさせてください』

使えるか~~~!!ヽ(*`Д´)ノ

ちなみにスポーツ選手への例は

『あなたのレースを精神的にサポートしてあげられたらと思います。』

………完全にプロポーズの域だろうが。

しかしどれも例文がそのまま使えないんだがな……。
『イベリア航空のスチュワーデスにまたしてもなり損ねました!』
『スペイン国民文学賞受賞、心よりお祝い申し上げます』

……こんなフレーズそのまま使える人に遭遇する方が難しいよな。

覚書。

サロメの乳母の話 (新潮文庫)わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡 (塩野七生ルネサンス著作集)神の代理人 (塩野七生ルネサンス著作集)チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (塩野七生ルネサンス著作集)



ルネサンスの女たち (中公文庫)三つの都の物語


ものすごく個人的な覚書(笑)
今まで読んだ塩野七生本。(ローマ人の物語は除く)
ルネサンスシリーズは今ヴェネツィアを借りてます。面白いですよ、このシリーズ。そして「小説」としての『3つの都の物語』はとても面白いと思います。3つの都の特色の違いが分かる。私はこのハードカバーで借りたので、3つの話を一気に読めたので、その違いが面白かったです。


・・・なんでこんな覚書をブログでするかって?そろそろ覚えをして置かないと何を借りて、何を借りていないのか分からなくなりそうで…。ちなみにブログは携帯から検索ができるのだ!!
・・・まだ他に何か借りてた気がするのだが。(エッセイの類は除く)

とうとうココに。

20080408230020
ここに手を延ばしてしまいました。
ニコロ。
ニコロ・マキャヴェリ。
この前までニコロはピルロの息子くらいしか知らなかったはずが。

図書館で借りてくるのは塩野さんのローマ人の物語とルネッサンスと二つの時代をそれぞれなんです。後者は前者の影響受けてるから、比較して楽しむ。のもあるけど、片方だけだと気分転換できないかなって。
ルネッサンスシリーズはあとヴェネツィアを残すだけなんですが、前回行ったとき貸出中。仕方ないから、手をだしました。マキャヴェリの著作に。
いきなり君主論はキツイだろうから、ニコロが友人に創作まじりに書いた「カストルッチョ・カストラカーニ伝」から。これはなんか昔話読んでるみたいでしたね。話の展開的にも。

それにしても君主論。本文85ページ程に、注が27ページ。もちろん注なしで読みすすめられる知識もないから。…読み進み遅そうだな~。

ちなみに、塩野さんのでも、戦いの説明は比較的すっとばした私には、カエサルのガリア戦記を手にする気はあまりないです。いづれ読むとは思うけど。

ブルータスお前もか。

…カエサル暗殺までたどり着きましたぞ~~!

…長かった…ルビコン越えてからが。ROMAではルビコン越えてポンペイウス追っかけ始めたら、すぐエジプトに逃げてたんですが、どっこい本当は長く内乱あったんですな!
あと他にもあのドラマが史実と違うところが分かった。

・オクタヴィアヌスの母アティアは再婚してる。(アントニウスの愛人ではない)
・アグリッパは癒し系ではなく、戦術に優れた男

そしてドラマも同じことは
・ブルータスはへたれ。

へたれ~~!!ドラマでもブルータスは愛しい程にへたれでしたよ。

でもアティアvsセルウィリア(カエサルの愛人で、ブルータスの母)が楽しいドラマ設定はありだと思いますぞ!

立川。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


最近モーニングの立ち読みを欠かさない私。
好きな漫画がいくつかあるのだが、その中でも一押しはコレです。偶然初回から読んでおります。(立ち読み)で、単行本化されたので、買いました。やはり面白い。うむ。
単行本で気づいたのですが、この二人は立川に住んでいるんですよ。

立川!!我が従姉妹がこの春から住むのですよ!!っつーか、叔父が単身赴任で居る所に転がり込むので引越しはもう完了して既に行っているのですが、先ほども早速お電話がございまして、「ユキちゃぁぁあん。大学生協って何?」(笑)大学生協の加入特典やその必要性などを確認し、そしてついでに立川のお役立ちサイトモバイル版なんかを転送しておきましたよ。既に「証明写真って何処で撮ればいいかなぁ?」って困ってるし。叔父が携帯あればOKと固定電話引いてない上に、パソコンは会社でやるから!とネットも出来る環境でないので、私が色々調べてフレッツひかりの加入方法やら、アダプター買って送ってやったりしているのですが。
従姉妹は今までの人生を塾と学校と自宅との日々だったので、世間知らずなのだ。私も比較的そうだったけど。
右も左も分からぬ立川で第一歩を踏み出すのです。まだ踏み出してなくて、パパが作ってくれた肉じゃがを食べながら、買い置きしてあるパンを食べてゴロゴロと人生至福の時を時間を無駄に消費する!!という行為で過ごしているようです。「何もしたくない。」と。

でもそのうち神々しいお兄さんたちに出会って、よき方に悟りを開いてくれるといいね!!(笑)

チェーザレ

チェーザレ 3―破壊の創造者 (3) (KCデラックス)チェーザレ 3―破壊の創造者 (3) (KCデラックス)
(2007/04/23)
惣領 冬実

商品詳細を見る


惣領冬実さんが最近好きで、前連載のESから単行本を集め始めたのですが、チェーザレ。マンガ読んでも全然理解できないんですよ。フィレンツェに行ったことあるので、地理間隔みたいなのは分からないでもない。しかし舞台はピサなのに、思いっきりフィレンツェな気分で読んじゃうけど。イタリア好きだけど、それだけ理解できない。
私にはあまりにも世界史の、ルネッサンスの知識がないのだ。


・・・と言うわけで、塩野七生さんのルネッサンスシリーズを読む。

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (塩野七生ルネサンス著作集)チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (塩野七生ルネサンス著作集)
(2001/07)
塩野 七生

商品詳細を見る

[チェーザレ]の続きを読む

投げられた賽はどこに!?

ルビコン以前までローマ人の物語を読み終え、つまりは賽を投げられた瞬間までたどり着き、今日はほくほくと続きを借りに図書館に出かけたのですが、文庫もハードカバーもルビコン以降が貸し出し中~~。゜(゜´Д`゜)゜。
その後のパスクロマーナはあるのに。ルビコン以降こそがドラマROMAの時代なんです!
せっかくたどり着いたのに(TωT)仕方ないからもう一つの関心事であるチェーザレ・ボルジアのルネサンスの物語を借りました。ウム。これを読むとヴェネチアに少し関心持ちます。この時代の独立した大国。ヴェネチアは行ったことないんですよ。ピサもチェーザレが学んだ大学があり、歴史豊かなんで行ってみたい。

それにしても、ROMAからローマ帝国に関心始まり、今や世界の歴史の物語をいろいろ知りたい私。トルコはかなり興味あります。あ~。大学時代なんでもっと旅をしなかったのか。
なので大学生見つけると「旅をしろ!」と唱える私。浪人してた従姉妹が早稲田は確定したから、秋に一緒に欧州行こう!と今日も約束しました。まだ第一志望の国立は発表ないみたいだけど。今年はセンター良かったけど「もう冒険は無理」と流石に東大は辞めたって。父親が単身赴任で東京いるから出すのは安心だし、本人も東京に、家から出たいと。

私も親の反対押し切って出れば良かったと思うのですが、確実に余所の家より人間関係が密で、束縛しあってる家なんで、反対押し切るには並大抵のエネルギーでは済まないから、情熱と計りに掛けて諦めました。
妹からすれば、「出れば良かった」と簡単に言われるだろうが、長女と次女では親に括りつけられた紐の長さは倍くらい違うのです。

…と図書館帰りに叔母の家で散々愚痴ってきました(笑)風邪引いたのに。また鼻水復活!

投げられた賽の行方は風邪でしばらくお休みです。

Alea jacta est!

まだ賽は投げられてません。
私も匙を投げていません。

ローマ!!

…が、勘弁してください、カエサル先生…。ガリア攻略が長すぎます。何故わざわざイギリスまで行くんですか!?
地理が頭に入ってないから、位置関係が把握できない。あとカタカナ苦手だから、たくさんある部族がごっちゃ。勘弁して~~なのです。
ガリア進攻に入ってからは、流して読んでます。
でも、思ってた以上にガイウス・ユリウス・カエサルは凄い人でした。ROMAだと好色なオッサンって感じだがな。(主人公じゃないし。アントニウスのがメインな感じだし)

ローマ。

塩野七生さんのご本をハンニバルから読み始めました。一巻を読んでないのは、図書館で貸出中だったから。
今はスッラ他界まできました。あとはポンペイウス→カエサルのあの「ROMA」の辺りですよ!!

凄い面白い。多分帝政ローマあたりから白旗あげそうですが(笑)なにせ共和国ローマよりハンニバルに肩入れするタイプなんで。あとカタカナ名を識別する許容範囲を超えそう…。似たような名前が多いし!現在もイタリア人の名前のバリエーションは少ないですが。

それにしても、いろいろ新たに知ることが多い!フランスのプロバンスは、「プロビンチャ」のフランス読みなんだそうです。お洒落な地方も「ローマの属州」。ローマのプロビンチャなら、ミラノやトリノは完全にその括りですな~。

ローマ。今vsマドリのCL見てます(笑)……アクイラーニはいつ見ても可愛いわぁ+:。(*≧∇≦*)゜.+:。


現在の閲覧者数:

プロフィール

ユキ

Author:ユキ
好きなもの
Football、旅行、スポーツ観戦、MotoGP、Cappccino、映画、本(活字)、ワイン(スペインかイタリア!スペインではTorresが好き。)、日本酒(大吟醸!)

好きなスポーツ
観戦のみ!!
●MotoGP 基本エスパニャ贔屓
Marc Marquez 日本No.1ファン(公認)
Jules Cluzel
Alex Rins & Alex Marquez

好きな国(場所)
ミラノ、フィレンツェ、イスタンブル、サンセバスティアン
イスタンブルは、凄く懐かしさを感じる場所だった。この4ヶ所になら住みたいです。逆に熱帯性気候の国は肌に合いません…。

行きたい所
セルベーラのマルク・マルケス博物館(笑)



フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング